あぐりナビとは?

あぐりナビは、経済産業省の地域イノベーション創出事業で採択された

「マルチモーダルセンサによる施設園芸生産安定支援システムの開発」

という研究事業でその基礎が形作られました。
この研究事業の概要は以下の通りです。


研究事業概要

施設園芸生産は高度な技術を必要とする農業であり、安定生産には施設内環境の制御、的確な栽培管理と季節や天候変化への対応が不可欠である。

しかし栽培技術のマニュアル化と可視化が進んでおらず、また新規参入・生産規模拡大時等に必要となる多額の投資に対し効果を予測しにくいことが課題である。

本事業は、研究実施者らが農工連携研究を行った実績を活かし、上記の課題を解決する施設園芸生産ナビゲーション装置を開発する。

1つは、マルチモーダルセンサシステムを開発し、大量のセンサデータを無線で自動収集する、1つは、データマイニング処理技術を導入した収量最大化シミュレーションソフトを基に生産ナビゲーション装置を研究開発する。

天候変動や生育段階に応じた生産支援システムを開発し、栽培技術・知識の集積および可視化を実現する。施設園芸生産の知識の集約と施設更新需要の喚起、新規参入・生産規模拡大に貢献する。


あぐりナビの仕組み

弊社の代表は、上記事業に前職で関わり施設ハウス内のセンサーシステムから得られる環境データを自動的に収集してクラウド上のサーバに送り込む部分とクラウド上で環境データを蓄積してDB化し、それを活用してデータマイニングを行う事で近未来の収量を予測するシステムを開発しました。

 
あぐりナビシステム

 
施設内での通信には、消費電力の小さなZigBeeによる無線通信で、土壌センサーからのデータを集め、施設内温度などの環境データは気象コンピュータとLANで直結して収集しています。

この施設内に設置したコンピュータは、HDDを持たない名刺大のもので真夏には40℃を超える環境でも安定して動くものを採用しています。

インターネットへの接続は、周りに無線LANで接続可能なアクセスポイントが無い場合には、イーモバイルなどで接続し逐一収集される環境データをクラウドサーバに送りこみます。

クラウドサーバではユーザ毎に送られてきたデータを蓄積し、このサーバ上で稼働するWebサイトにアクセスすることで、施設の状況を遠隔で確認することができます。

 
施設モニタ

 
施設内の温度や湿度、CO2などの環境データもグラフ化して1日の推移を確認できます。

 
環境モニタグラフ

 
そして、(株)日本オペレータ様の施設制御装置と連携する事で、遠隔で施設の窓制御やカーテン制御の設定を変えたり、それらを動かすことができます。

 
遠隔制御

 
これらにより、自宅に居ながらにして園芸ハウスの状態を確認し制御できる状態になり、例えば点在する施設の管理にかかるコストを節約できると考えます。

なお、施設内の環境データと共に灌水量や収量データを蓄積していく事で、環境と収量の関係を利用した収量予測を行うことが可能になります。

 
データマイニング

 
上記のようなデータマイニング結果の表示は参考ですが、このような予測式を内部的に構築する事で、近未来の収量を予測することができると考えています。

 

 
収量予測については、今後のデータ蓄積に伴って可能になるものですが、施設の遠隔での管理や日々のデータを蓄積することでの栽培に関する情報の伝承にも寄与しますので、是非検討頂ければ幸いです。

 

 
また、弊社ではこのあぐりナビの技術からエッセンスを抜き出し、中小規模の施設園芸向けに特化した温室モニタサービス
「あぐりログ」を展開しています。

 
詳しくは「あぐりログは温室のモニタリングサービスです」をご覧ください。