ちょっとした「終わり」の話

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

こんにちは、mi2yo4です。
近所の桜もいよいよ見頃を迎えました。花見シーズン到来ですね。

さて、春と言えば卒業、終わりの季節とも言えます。
弊社の中で、ちょっとした「終わり」を迎えてしまいそうな話を書いてみますね。

新あぐりログBOXについて

あぐりログBOX試作品とスケールできる仕組みづくりのエントリで紹介した新しいあぐりログBOX、見えてきた次の課題点のエントリで無事評価を終え、今月の頭からデータアップロードの効率化エントリでも紹介しましたように一気に導入されています。

ここまでは順調と思っていましたが、裏ではここ1~2週間、あぐりログBOXを製作するに必要なとあるパーツが手に入りにくくなってきた…と感じていました。
次ロット生産のため、そのパーツをまとめて購入したいな、と販売店に在庫を問い合わせてみると…なんと生産終了とのこと。

移り変わりの激しいコンシューマー向けのものを使っていたため、いつかはこの日(生産終了)が来るのではと思っていましたが、私達の想像を超えて早く「終わり」が来てしまったようですorz

新パーツの評価と既存パーツの確保

嘆いていても仕様がないので、今から出来ることをリストアップしました。

  • 生産終了となってしまったパーツの流通在庫を確保
  • 新パーツの評価

メーカーでは生産終了となってしまいましたが、市場にはまだ出回っている所もあるようなので、その確保に動いている所です。
何とか次ロット生産分を確保すべく頑張っています。

また同時に、生産終了となってしまったパーツの代替品をリストアップ作業中です。こちらは部品選定後、ソフトウェアの書き換えと安定的に動作するかの確認作業が入るため、少し時間がかかりそうだと見積もっています。

…なので、現行の組み合わせで製作できるあぐりログBOXは次ロットで一旦終了となる気配が濃厚ですね。
出来るだけ次々ロットとの間が空かないように作業を進めないと、と思うのでした。

それではまた!