Vagrant上のCentOS6でgulpを実行する

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

こんにちは、mi2yo4です。

節分、という事で季節は春になってしまいました。
これから早く暖かくなってくれるといいんですが…

node01

ところで、私たちは普段、javascriptのタスクランナー「gulp」を使ってます。
今日、「CentOS6で上手くgulpが動かないんだけど…」という社内のつぶやきがありましたので、CentOS6でgulpを動作させるように調べてみましたよ。

gulpをCentOS6でも使いたい

使用しているライブラリの制限もある事から、CentOS6をよく使うことがあります。
という事は、動作確認用の環境としてVagrant上で動作させるOSもCentOS6が多いのですが、今日はその環境下でjavascriptのタスクランナー、「gulp」を実行できるようにしてみます。

epelでインストール出来るnodejsはバージョンが古い

例えばここで紹介されているようにepel-releaseからnodejsをインストールしようとすると、バージョンは0.10.xxとなっています。
実際、公式ページのバージョンはv6.9.5ぐらい。

もう少し新しいバージョンでないとgulpは動作させられないようです。

CentOS 6.xにLTS(4.3.0)のnode.jsをインストールするという記事がありますので、今回はその内容に沿ってnodejsをインストールしましょう。

# rpm -Uvh https://rpm.nodesource.com//pub_4.x/el/6/x86_64/nodesource-release-el6-1.noarch.rpm
...(インストール作業が続く)
# yum install nodejs
...(インストール作業が続く)
# node -v
v4.7.3
# cd /package.jsonがあるディレクトリに移動
# npm install
...(インストール作業が続く)
# npm install -g gulp

おそらくこれでうまく行くはずです。
nodeのバージョンがv4なので、nodesourceのディレクトリを変更すればもう少し新しいバージョンが入れられるかもしれません。
(が、これでgulpは動作したので良しとします)

色々試行錯誤していたら出来てしまった部分もあるので、ちょっとあやふやですが…^^;

それではまた!