電源の無い場所でログBOXを使ってみる(その2)

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

こんにちは、mi2yo4です。

最近、年間パスポートを購入していた動物園の有効期限が切れてしまいました。
元は取れているのですが、出来ればもっと行っておきたかったな…と反省しているところです。

さて、この前いよいよ独立電源でログBOXを動かし始める所まで行きました。
今日はその後の事を書いてみようかと思います。

前回と同じく、今回のエントリ内容に関しては弊社公式の見解ではありませんのでご注意下さいね。

やっぱり発電能力とバッテリーが弱い!

2017-02-23_20.23.46

計測を始めたのはいいのですが、充電池を満充電していなかったのでいきなりその日のうちに電池切れを起こしましたorz

これはイカン!と充電池を取り外し、手近にあった12Vバッテリー充電器で一晩中充電。
翌朝、満を持して再度実験開始です。

…が、日を越すあたりでやはり電池切れorz
電池容量は足りないな、という事が(改めて)分かりました。

ちなみに電池切れを起こしたまま、手をかける暇が無かったのでそのまま放置していたら…
なんと2/6にいきなり電源が復帰しました。

2017-02-23_20.23.35

しかし、またその日のうちに電池切れを起こし、次に復帰したのは約1週間後の2/13です。
今回使用したパワコンは、充電池がある電圧以下になったら5V出力をしない仕組みになっています。
(こうすることで充電池の消耗を防いでいる、とのこと)

ソーラーパネルから充電池への充電を行い、規定の電圧以上になると再び5V出力が復活します。
今回の実験内容では、再度ログBOXが稼働できるまでに1週間かかっていますから、明らかに充電能力不足です。

ソーラーパネルをパワーアップ

電池容量と充電能力の不足。これらに対応するために、まずソーラーパネルのパワーアップを図ってみます。

ECO-WORTHY ソーラーパネル 25w 太陽光発電パネル

最近はソーラーパネルも安くなりましたね!
元のパネルが5Wでしたので、今度は5倍(!)の発電能力です。これを早速結線して取り付けてみました。
その結果のグラフがこちらとなります。

2017-02-23_20.46.23

今度はam3:00ぐらいまで連続して稼働するようになりました。
これまでのように充電に1週間かかる、ということもなく半日~1日程度で充電できているようです。

ただ、まだ欠測時間が生じています。
これは充電池の容量が不足していて、ソーラーパネルからの充電能力を活かしきれないためでは無いかと考えています。

充電池をパワーアップ

近所のホームセンターで自動車用のバッテリーがお安くなっていたので早速購入してきました。

IMG_0428

充電制御車にも対応、と書かれています。
気になって調べてみると、こんなページを見つけました

エコカーでは燃費改善のため、充電-放電のサイクルを繰り返すらしく、バッテリーは従来品よりも高性能なものを用意しなくてはいけないようです。
これは今回のようなソーラーパネルによる独立電源でも同じ事が言えそうです。なので、自動車用のバッテリーを流用するのであれば、充電制御車対応のものの方がいいかと思います。
(もっと言えばディープサイクルバッテリーの方が良いのかもしれませんが…)

実験はまだまだ続く…

課題だったソーラーパネルと充電池を強化できました。
これで何とか24時間/週間の連続稼動が出来れば嬉しいのですが…

実験はまだまだ続きます。

それではまた!