事務所移転について

Share on Facebook18Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

早いもので、今年度で「あいちベンチャーハウス」に入居して5年目です。
この「あいちベンチャーハウス」は、愛知県の事業で運営されていて、ITベンチャーの育成目的ということもあり、基本3年で延長しても5年まで入居可能な施設です。
まぁ、その最終年度まで居残ってしまったのですが、どうにかここを出て行ける会社にまでは成長できたかなと感じています。

どういう事務所を構えるか

という事で、そろそろ出て行く先を探さねばなりません。
出て行くという事は、所謂インキュベーション施設で受けられていた保護を抜けるというだけでなく、腰を落ち着けて仕事できる場所で新たにスタートするということです。

新しい事務所に求める条件としては、

  • 良好な開発環境であること
  • 個人情報保護を遵守できること
  • 打合せなど会議ができること
  • 公共交通機関から便が良いこと
  • 10人くらいが仕事できること

といった所です。
現在は、5人なので、とりあえず場所だけは倍にすると。
私たちの仕事は、農業生産者をICTで支援するということで進めています。
それは、生産者や生産者を支援するJAや普及員など、農業関わる方々からの各種要望を「あぐりログ」という一つのサービス上に実現していくことであり、具体的には開発作業がその多くを占めることになります。

個人情報保護は時代の流れであり、実際の所それに相当するものを管理している訳ですから、プライバシーマークの取得が可能な事務所であればよりよいと考えています。

どんな場所に事務所を構えるか

上記の条件で、公共交通機関から便が良いというものがありますが、これに加えて

  • 2拠点化 : 名古屋と豊橋

も視野に入れたいと考えています。
もともと、テレワークを導入して在宅勤務も可能にしているのですが、自宅での仕事は必然的に家族との関わりと並行した形となりますから、サテライト事務所である方がより集中できると考えるためです。
加えて、豊橋近辺は、全国農業生産額1位の田原市と10位の豊橋市の膝元であり、あぐりログの利用者も多く、更にJAあいち経済連の東三河センターもあり、色々と連携し易いと思うこともあります。

いつ頃移動する?

現在、事務所探索中です。
今年中には確定して、来年2月頃には移動できればと考えていますが。。。
まずは、引越費用の算段です。

また、引越にあたっては住所も電話番号も変わりますし、それらを現在の利用者の方々に加えて、多くの関係者の方々にもお伝えする必要もありますから、手順整理して進めて行ければと思います。