就農支援センターで話を聞いてきました

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

暑かったり少し寒かったりで、日々の体調管理に気を付けないと…と思っているmi2yo4です。
先日、ハウス内の人間にとっては過酷な環境で小一時間ほど滞在した後にハウス外に出たのですが、すっかり体がぐったりとなってしまいました。
毎日やっていれば慣れるもんなんでしょうね…

なぜハウス内に居たのでしょう

とあるつてを頼りまして就農支援センターに行ってきました。
ここは実際に農家、それもトマト農家を目指す方々が研修をする場所なのです。

14316167309_f254f83c37_z

ハウス設備は充実しており、トマト農家としてのいわば理想型がここにあるわけですね!
今回はトマトの季節も終わりに近い、と言うことで本格的な栽培は行っていませんでしたが、今度のシーズン入りになれば目の前は全てトマトで埋め尽くされるのでしょう。さぞかし壮観な眺めになりそうです。

14316167979_969e4272a7_z

先ほどハウス設備が充実していると書きましたが、新規で就農される方だとここまで充実したハウス設備を整えるのも大変な話。
出来るだけ設備投資を減らしてリスクを小さくしつつ、軌道に乗れば徐々に栽培規模を大きくする…というのが理想型になると思います。

今回は最新のハウス設備を見学する、というのも目的の一つでしたが、「ハウスの遠隔モニタリングの需要性を探る」というのも弊社にとって重要なので、そこの所をヒアリングしてみたい、という目的もありました。手軽にモニタリングサービスがあるなら利用したいですよね?という事を聞きたかった訳です。

で、その結果と言いますと…

「若手の方だと何らかのモニタリングサービスを用いて、ハウス内環境を可視化したいようだ」
「可視化した結果を用いて収量向上を目指したい」

というニーズはあるという結論が導き出せました(^O^)

どうやら弊社の進もうとしている方向性は間違っていないようです!
じゃぁ後はこのまま突き進める所まで行ってみましょうか!!!

早速ですが

ここに来ていいタイミングで新しいセンサーBOX試作品が出来ました。
これ一つで温度、湿度、二酸化炭素濃度、日射がローコストで計測できるようになります。

newbox

手始めにこれを色々な所に持って行ってデモが出来ればなぁと思っています。

それではまた!