TWE-Liteで無線通信を試みる(準備編)

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

こんにちは、mi2yo4です。今日は軽めの話題を書いてみました。

日経LinuxでRaspberryPiの特集が組まれていました

日経 Linux (リナックス) 2014年 10月号

日経Linuxの特集でRaspberryPiが取り上げられているよ~、との情報を聞きつけ、本屋でチェックしてみました。
いつもであればパラパラっと読んで「フムフム」と判った気になり、そのまま買わずに帰る…というパターンだったのでした。

が、今回はRaspberryPi+TWE-Liteを使った「無線通信」の製作例が載っていまして、これは私の琴線にビンビンと響いたので購入してきました。

ちなみに、弊社でも無線通信という点ではXBeeによる計測値通信を「あぐりログ」の前身である「あぐりナビ」の開発の際に取り組んでいました。あぐりナビ紹介ページにて、XBeeが使われている説明が書いてありますので宜しければ一読してみて下さい。

東京コスモス電機さんのTOCOSについても、TWE-Liteが発売された時ぐらいまでは個人的には追っかけていたのですが…
しばらく目を離していたら、TWE-EH Solarなる魅力的なオプションが発売されていたんですね。

ますます面白そうじゃないですか!

材料は揃っているので後は作るだけ

私の手元には製作に必要な材料が一通り揃ってきました。これから時間を見て製作する予定です。

弊社の製品に何かヒントになりそうなものが出来るのではないかな~、と思っているので楽しみにしてて下さいね。

それではまた!