農業IoTが向かう先。

ヒトが自らの手と頭を使わずともAIが判断を下し、
IoT機器が自動で作動して環境制御、
そしてロボットがせっせと働き農作業が進んでいく...

今のペースでテクノロジーの進化が進んでいけば、
これらは確実にやってくる未来です。

でもそんな夢のような農業が全体に普及するのは、まだちょっと先の話。

私たちのサービス「あぐりログ」は、
ハウスの環境を「見える化」して生産者さん達に知ってもらおうというコンセプトで運営しています。

環境制御の入り口となるのが、まず環境を「見える化」して知ることができる環境モニタリング。

環境モニタリングを行うことで、ハウスの環境を瞬時に・正確に把握。
作業の生産性・精密性を高め、作物の収量向上と品質向上に役立てることができます。

そんな環境モニタリングを誰でもカンタンに、お手軽にできてしまうのがあぐりログです。
あぐりログでお手軽環境制御、始めてみませんか?

あぐりログではじめる環境制御

全国でのログBOX稼働数は700台を突破。

あぐりログは様々な作物の生産者さんにご愛用頂いております。

きゅうり

あぐりログではじめる環境制御。
―きゅうり編―

夏野菜の定番。きゅうりは古くから食用として栽培され、歯ごたえのあるスッキリとした味わいが特徴の野菜です。

このページでは、そんなきゅうり栽培におけるあぐりログの活用法、おすすめのセンサー組み合わせなどを紹介しています。

トマト

あぐりログではじめる環境制御。
―トマト編―

トマトが一般的に食用にされるようになったのは18世紀頃、日本で一般的に食用とされるようになったのは明治以降と、比較的歴史の浅い野菜です。 夏野菜としてのイメージが強くありますが、強い日光が必要なものの冷涼な環境を好み、高温多湿を嫌う作物です。

このページでは、そんなトマト栽培におけるあぐりログの活用法、おすすめのセンサー組み合わせなどを紹介しています。

あぐりログではじめる環境制御。―トマト編―

トマトが一般的に食用にされるようになったのは18世紀頃、日本で一般的に食用とされるようになったのは明治以降と、比較的歴史の浅い野菜です。 夏野菜としてのイメージが強くありますが、強い日光が必要なものの冷涼な環境を好み、高温多湿を嫌う作物です。

このページでは、そんなトマト栽培におけるあぐりログの活用法、おすすめのセンサー組み合わせなどを紹介しています。

トマト
ナス

あぐりログではじめる環境制御。
―ナス編―

インド生まれのナスは、高温多湿を好み、暑さや雨に強い作物です。日本では現代に至るまで1000年以上栽培され続けており、太古より日本人に親しまれ続けている野菜でもあります。

このページでは、そんなナス栽培におけるあぐりログの活用法、おすすめのセンサー組み合わせなどを紹介しています。