2022年7月26日

ログBOXについて

ログBOXの標準搭載センサでは温度、湿度、CO₂濃度の計測が可能です。 温度、湿度から飽差と露点を自動的に算出し即座に確認ができます。 また、お求めやすい値段のログBOXLiteも販売しております。

ログBOXLiteについて


外観

仕様

旧モデルのログBOX-V3と現行モデルのログBOX-V4では各センサの仕様が異なります。
※変更点は赤字表記

     ログBOX-V3    ログBOX-V4
温度センサ  sensirion SHT21
  • 分解能:0.01℃
  • 精度:±0.3℃
  • 計測範囲:-40~125℃
 sensirion SHT31
  • 分解能:0.01℃
  • 精度:±0.2℃
  • 計測範囲:-40~125℃
湿度センサ  sensirion SHT21
  • 分解能:0.04%RH
  • 精度:±2%RH
  • 計測範囲:0~100Rh%
 sensirion SHT31
  • 分解能:0.04%RH
  • 精度:±2%RH
  • 計測範囲:0~100Rh%
CO₂濃度センサ  sense air K30
  • 動作温度:0~50℃
  • 精度: ±30ppm±3%rdg
  • 計測範囲:0~5000ppm
 sensirion SCD30
  • 動作温度:0~50℃
  • 精度: ±30ppm±3%rdg
  • 計測範囲:0~40,000ppm

設置方法

⒈設置準備
 設置場所の1m近辺に100V電源のコンセントが必要です。ログBOXに吊るすためのチェーンが付属しているの
 で、引っかけるためのフック等を用意してください。
 ログBOXを作物の成長点近辺に設置する場合はフックとBOX間をつなぐチェーンや針金が必要となる場合があり
 ます。

⒉電源ケーブルの接続
 ログBOXを設置場所まで運び、電源ケーブルをログBOX底面に接続します。
 ※接続後に電源ケーブルをインシュロックで固定してください。

⒊フックに吊り下げる
 用意したフック等にチェーンを吊り下げます。
 ※ログBOXの上に物をのせたり、ぶら下げたりしないでください。

⒋電源を入れる
 ACアダプターをつなぐと電源が入ります。
 以上で設置は完了です。
 ※防水処理はしていないため、薬剤散布など水がかかる恐れがある場合は、電源を抜いて取り外し、薬剤散布を
 終えるまで別の場所で保管してください。


計測方法

ログBOXを作物の成長点近辺に設置をし、電源を入れます。電源が入ってしばらくするとファンが回り出し、5分おきに計測データを送り出します。


設置に必要なもの

100V電源 フック