2022年7月4日

排液量センサについて

 養液栽培における排液の量とEC値及び水温の計測を行うことができます。生育に合わせた潅水と肥培管理を可能
 とします。計測間隔は5分毎とします。

外観

仕様

  • 排液温度:0~50℃
  • 排液EC:0~5mS/cm
  • 排液量:計測単位 0.18L
        計測限界 6L/分
  • 電源:100VのAC電源要
  • 重量:7kg
  • サイズ(外寸mm):365×280×250

設置方法

⒈排液量センサの設置位置の選定
 排液量センサの設置位置を決めます。基本的に、排液ドレーンチューブの場所になります。ログBOXとの距離
 は200m以内を目途としてください。

⒉排液量センサの設置高さの選定
 排液量センサの設置高さを決めます。すべて排液は勾配で流すことになりますので、排液の受け口高さと排液量
 センサの排液出口の位置関係から必要な高さを決定します。排液を流しているドレーンパイプのサイズを確認し
 ます。

⒊排液量センサと排液ドレーンパイプの接続
 排液量センサの排液注入口(φ20)と排液ドレーンパイプの接続方法を決定します。
 同じように排液量センサの排液出口(φ25)と排液ドレーンパイプの接続方法を決定します。

⒋排液量センサの設置
 排液量センサを用意した台に配置します。この時、台が安定してぐらつきがないことを確認してください。
 排液量センサの設置が水平かどうかを水準器で確認してください。

⒌排液パイプと排液量センサの接続
 排液パイプを切断して排液量センサと接続してください。この時、排液が流れてくる可能性があります。必要に
 応じてバケツなどで受けるようにしてください。

⒍動作確認
 動作中、無線BOX基板上のD4のLEDが稼働中は点滅しています。
 ※点灯や消灯の場合は、電源または無線BOX側に問題がある可能性があります。

⒎転倒升の確認
 排液が流れているのに、排液量がカウントされない場合は、転倒升が外れてしまいカウントできなくなっている
 可能性があります。転倒升のセット状態を確認ください。

⒏転倒升のリードスイッチの確認
 通常は、リードスイッチは通電していれば、スイッチ上のLEDが点灯します。
 ※点灯していない場合は、無線BOXに電源が来ていないか、中継しているケーブルに問題がある可能性がありま
 す。

計測方法

 既設の排液路に割り込む形で設置します。排液量はシシオドシの原理を利用した転倒マス式の転倒回数で計測し
 ます。EC値は転倒回数を計測する前にバルブに貯めたECを計測します。そして、計測したものを無線でログ
 BOXに送信します。

注意事項

 排液量センサは、ログBOXに内蔵される無線親機と、排液量センサに取り付けられる無線BOX間を920MHz帯特
 定小電力無線で通信することでデータの受け渡しを行いますので、ログBOX側にも無線親機の設置が必要となり
 ます。
 ログBOXと排液量センサを同時購入の際は、無線親機を搭載して出荷します。
 既設のログBOXに排液量センサを設置する際は、ログBOXのセンドバックが必要となります。この場合は、購入
 打診の際に相談させていただきます。
 ※送料のご負担をお願いします。

設置に必要なもの

 ログBOX 塩ビパイプ 本センサを置く台 プラスドライバ 100V電源