始めまして

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

今回初めてブログを書きます、10/3に入社したkotaと申します。

今日は最近入社したということで、私がIT工房Zへ入社した理由を書いてみます。

 

まずは自己紹介を兼ねて簡単な経歴を書きます。

◆ 経歴

愛知県出身で大学卒業まで愛知県にいました。大学ではITとも農業とも全く別のことを勉強していました。

大学卒業後は東京のITベンダーへ就職、社内システムのインフラ設計等をしていましたが1年半ほどで退職しました。

そこからPythonの勉強をしながら転職活動をしつつ、今月の初めにIT工房Zへ入社しました。

東京の会社を辞めて転職したのは開発がしたかったというのと、データの分析をやりたかったという理由があります。

ただ前職では開発をしておらず、ほとんど未経験の状態だったので転職には少し苦労しました。

 

次に、転職活動をしていてIT工房Zに入社を決めた理由を書きます。

◆ 入社の理由

私がやりたいことの一つがセンサーデータの分析だったのですが、あぐりログでのモニタリングがそれと一致したため。

自分で何かを作ってみたいと考えていて、システムの仕様を考えるところから実際のコードを書くところまでを担当出来るのが魅力的だったため。

単純なITだけではなく、IT+農業というところが面白そうだと感じたため。

簡単な課題があって、どのようなことをやっているのかイメージが付いたため。

 

全部をまとめると、自分がやりたいこととマッチしていたというのが主な理由なのですが、そのような企業の中からIT工房Zを選んだのは、最後の二つがあったからだと思います。

まずIT+農業が面白そうだと感じたのは、農業分野へのITの普及はこれからなので、新しく出来ることがたくさんありそうだと思ったからです。

せっかく何かをするなら、新しいことや面白いことがしたいと思っていたのでこれはぴったりなのかなと思いました。

またやっていることのイメージが付いたというのは、他の企業と比較しての話になるのですが、いろいろな企業へ面接に行ったり見学に行ったりして、職場の様子を見たり色々な方と会話をしても作業ベースのイメージはわかないことがよくありました。

IT工房Zでは会社見学へ来た後に簡単な課題があったのですが、その内容は実際の業務に関連した内容だったので、その課題に取り組む中で作業のイメージがついたのがよかったと思っています。

 

私はこのような感じで入社を決めました。1ヶ月間働いた感想では、ここを選んでよかったなと思っています。

最後に、次に何か書くならデータの分析などの記事を書いてみたいと思います。