見えてきた次の課題点

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

こんにちは、mi2yo4です。
月末という事もあり、弊社blogの更新間隔が半端無く短くなっています。

さて、今日は色々な話題を織り交ぜて書いてみますね。まずはこちらから…

試作品の評価を生産者さんにして頂きました

logbox_n

以前、あぐりログBOX試作品とスケールできる仕組みづくりのエントリで紹介しました試作品ですが、とある生産者さんのハウスで実証試験を行いまして、性能的に申し分なしという評価を頂けました。
これで、また一つハードルを越えたと思います。

と言うのも、今回のあぐりログBOX試作品については協力企業さんで組み立てをして頂けるように進めています。
これまでは私達が手作業で組み立てていたのですが、それに比べるとハードウェア製作に時間を割かなくて良くなりました。つまりソフトウェアサービスの開発に専念出来る訳です。これは格段の進歩です。
残りのハードルを早く越えてしまいたいですね。

あぐりログ導入にまつわる当初の予想と読み違え

これまで私達は展示会でのデモや現場での生産者さんとの話の中で、

「まずは一台導入して使って頂いて、お互いに進みたい方向が見えてきたら先に進みましょう。」

というスタンスで、あぐりログBOXを紹介してきました。

生産者さんにとって見れば、私達はどこからか現れた新参者です。築きあげてきた信頼関係というものも(当初は)ありませんでした。
お試しセット、という訳ではないですが少し導入して良さを理解してもらおうという事を考えていたのです。

ただ、実際にサービスインし、生産者さんに接してみると

「xx台(複数台)欲しいですが」

というリクエストが私達が想定していたよりも多い、という事が分かりました。持っているハウス全部に導入したいから、という理由もあるようです。

サービスイン直後でもこのような要望があるというのは、ある意味「嬉しい誤算」と言えますね。
(共同研究と言うことで農業総合試験場さんのネームバリューも大きかったのでは?と考えています。感謝ですね ^^)

導入・運用コストの障壁

以前、書きましたあぐりログBOXの価格についてという記事の通り、あぐりログサービスを開始するにはあぐりログBOX(58000円)ログBOX(OPEN価格)とあぐりログサービス利用料金(24000円/年)が必要となります。

ここで生産者さんが二の足を踏まれているのが上記の導入・運用コストです。

現在弊社が提供している仕組みでは複数台購入した場合の割引がありません。なので、n台設置したい場合は上記価格をそのままn倍したものとなります。
割引はありませんか?という問い合わせも色々と頂いているのですが、まずは社内で色々検討した事を書いてみようかと思います。

2014-12-29.15.36.45

例えば、n台目購入以降はxx%使用料割引します!という話。携帯電話の契約でもよく有りますよね。
使う側からすれば魅力的です。

供給する側から見ても、全体の収入は人数x台数(-割引金額)となります。割引は有りますが、人数が増えれば収入はUPしていますので、悪くない条件だと思います。
ただし十分に供給する量があれば、等々になりますが…

十分な供給量を得る事が可能か

ここで、最初に挙げた試作品の登場です。
logbox_n

生産に関する問題はかなり解消してきましたが、「残りのハードル」というものは歴然と存在しています。

あぐりログは簡単に始められる、という事を謳い文句にしていますが、導入に関する難しい設定(センサー〜インターネット間通信)については弊社で処理しています。この設定作業に関してだけは自動的に出来る、という仕組みまでは未だ至っていません。
(ちなみに他社製品の場合ですと、この部分はユーザーさんが自分で設定してね、と丸投げしてる事が多いです ^^)

この箇所を解決しない事には、弊社からあぐりログBOXとして十分な量を生産者さんに届けることが出来ません。
(第一の望ましくない点)

複雑な割引状況を把握することが可能か

例えば複数台購入の場合はxx%割引、とした場合を考えてみます。

Aさんはn台購入したのでxx%、Bさんはn台なのでxx%割引で…という事を把握するには、それを可能とする仕組みづくりが必要となります。
顧客管理という奴ですね。

あぐりログサービスの改良に全力を注いできたのですが、顧客管理、という点では「整備されている」と言うには程遠い状況です。
(第二の望ましくない点)

求む妙案

上記の望ましくない点たち、2つが揃ってしまいますと割引サービスを始めても、「供給量が十分でない状況下で複雑な割引状況を把握できなくなる」という誠に困った状況に陥ってしまいそうです。これで持続可能かと言われるとYesとは言えません。

なので、現時点では複数台希望の方にも

「まずは一台導入して使って頂いて、お互いに進みたい方向が見えてきたら先に進みましょう。」

という事で話を進めよう、という事になっています。

逆に言えば、上記2つの望ましくない点を解決できる案があれば、色々と魅力的なプランが打ち出せそうですね。

今日のまとめ

色々と書いてきましたが、「まずは1台使って頂く」というおすすめの仕方がしばらく続くと思います。
(もちろん割引が無くても使いたい、と希望される方には供給できるかと思います)
弊社としては出来るだけ早く、この望ましくない点を解決し先に進みたいと考えていますので、それまで応援宜しくお願いしますm(_ _)m

ちなみに妙案、妙案のヒントはいつでも受け付けていますので、弊社Facebookページなどにコメントして下さいね。

それではまた!

追記

複数台契約した際の割引という事で、現在ではログBOX2台目以降のシステム利用料を割引しています
詳しくは「ハウス環境計測「ログBOX」の複数台導入でシステム利用料割引」をご覧ください。

ぜひ、自分の周りの方にも教えてあげて下さいね!