小さな会社の危機管理

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

3月に入って、3人の内自分含む2人がインフルエンザでダウンしました。
正直な話、会社として機能停止に近い状態です。
多くのお客様とこれまで携帯電話でやりとりしてきた事で、直に連絡頂けている分は回りますが、書類関係はほぼすべて会社なので。。
受発注、請求処理など。。全く停止してしまっています。

病気ので仕方ないという見方もありますが、インフルエンザが感染力の強い伝染病であるという事をどこか失念していた自分が居たように思います。
これまで、台風や大雪など通勤や退勤時の事故を防止するという面では配慮してきたつもりでしたが、社員の家族がインフルエンザにかかったという事実を耳にしているにも関わらず、出勤を停止するなどの対処ができなかったことが自分含めて罹患する事態を招いてしまいました。

小さい会社だから、それなりに何とかなるのではなく、

小さな会社だからこそ小さな気の緩みが一気に危機的状況に陥る

という事を改めて思い知った次第です。
実は就業規則は前職の会社のまねて作っています。
内容をちゃんと記憶できていない時点で不味いのですが、おそらく伝染病対策は記載あったと。。

明日から何とか復帰して、その辺りを見直して、
社員に頑張ってもらう
ために
社員をどう守るのか
をもう一度考え直します。